フローリングの補修内容は家庭によって違う

フローリングを毎日綺麗に掃除してお手入れをしていたとしても、家具を置けば重みで少しずつ傷んできますし、物を引きずったりすることもあれば、ちりやほこりなどが見えない部分に溜まったりすることもあります。



ちょっとした傷や凹みであれば自分で直せるかもしれませんが、経年劣化で広範囲に傷みが広がっていくと、プロに頼むことも検討した方が良いでしょう。
一般的にフローリングは10〜15年ぐらいで補修などのメンテナンスを行った方が良いとされています。長ければ20年程度ぐらいは使えますが、やはり家庭によって使用状況は変わってきます。
家族の人数も多ければ床に対しての負担もかかりますし、ペットを飼っていれば粗相をしたり爪などの傷もつきます。そのような場合には、やはりこまめにメンテナンスをしてもらう事で、大がかりな補修をせずに済みます。

幅広い分野の視点から朝日新聞デジタルを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

実際の作業内容はフローリングの状態を確認して行われますが、簡単な補修で終わることもあれば、床材を張り替えていくこともあります。



場合によっては床材そのものの状態が良くない時もありますので、その時には地になっている素材を修繕していくことから始まるので時間や費用も掛かってくると思っておくとよいでしょう。


作業価格は使っている材質や作業内容、地域によっても前後しますので、必ず見積もりを取っておきましょう。その上で幾つかの業者を比較して、納得できる内容かどうかを吟味して依頼をするようにしましょう。