フローリングは経年劣化に応じて補修をしよう

今では多くの家の床材としてもポピュラーに使われているフローリングですが、基本的には木材でできているので年が経つにつれて汚れたり傷がつくなど、劣化していきます。

毎日目にする床ですから、少しの傷でも気が付いてしまったらそこに目が行ってしまって気になりますし、それだけでなく、傷などに引っかかって怪我をしたり他の家具類にも傷をつけてしまう事もあるので、気づいた時に早めの補修を行う事が大切です。
利用状況は異なりますが、家具を置いたりキャスターのついたような椅子などもフローリングに負担をかけます。
また、日当たりの良い部屋はとても気持ちが良いですが、紫外線などは光によって床材への影響を与えて変色したりはがれやすくなっていくので、これも劣化させる原因となります。
すぐに傷やはがれ、凹みなどに気づいたのであれば、ホームセンターなどで販売されている補修キットを使って簡単なメンテナンスを行うことも出来るのですが、そのままにしておくとさらに劣化が酷くなり、個人の手で直すのは難しい状態になってしまいます。



そうなるとフローリングの補修をプロに依頼することになり、かなりの費用がかさんでしまいます。

朝日新聞デジタルの珍しい情報をご紹介しています。

日頃からお手入れをこまめに行うだけでなく、概ね10〜15年に一回ぐらいはきちんとメンテナンスをプロにしてもらう事で、傷みの具合を最小限にすることができます。



経年劣化はどうしても避けられないですが、大切にすることでより長持ちさせることができるでしょう。